インスタントだと

凡俗の日常

こんにちは。
先程インスタントコーヒーを飲んで
少し体が温まりました。
ちなみにブラックです。

インスタントだと
普段は文句を言うくせに
寒い時は美味しいと感じるという
人間は勝手なものだと
つくづく想います。人間てか俺か。

コーヒーで思い出したのが
以前使っていたコーヒーメーカーは
キャリー生活になるからと
ニートの時のお金で買った物だからとの
気持ちもあって
実家の方へ置いてきたんです。

母はありがとう使うねと
笑顔で言ってくれたのですが
先日また実家に戻った時に聞いたら
一回も使っていないのだそうです。
ちょっとびっくりしました。

最近はそんな経験を通じて
人にはそれぞれに喜んでいただける
行いとか接し方が違うのだなと
少し感じることが出来ました。

例えば家族なら
父は山のお墓の掃除の手伝いや
育てている野菜を褒めてあげた時で
母は家の掃除の高い所をしたり
意見を認めて受け入れられている時
こういった際には
本当の笑顔で喜んでくれた
記憶があります。

コーヒーメーカーや洗剤とか
特にいらないものの時とは全く違う
感情を抱いていた様に感じられます。
お金をいくら貰っても満足しなかった
自分とも少し似ている気もしました。
なんてやつだ。

ただとはいえ
インスタントでも美味しいと思える
気持ちはその時によって変わるけど
変わらない想いもあったりするのかもと
少し想ったので

人それぞれに喜ばれる物事や行いを
知って理解して行動していきたいと
その考えをもっと腑に落として
生きていきたいと思っています。